最近の電子コミック

いろいろと電子コミックを読んでいたのが最近ではあまり読まなくなってしまいました。もちろん一般コミックなどは面白いのがあるのですが、そういった作品に関しては漫画喫茶などで読んだほうが安上がりかつどこでも読めるので読みません。

では一体、どんな作品を読んでいるかというとやっぱり大人系コミックです(笑)

こういった作品に関しては本屋さんはもちろん漫画喫茶でも置いていないので電子コミックしか読むことができないいわゆる限定的な作品です。今のこういった大人系のエッチな作品は非常に作品の質も高くてあっという間にポイントを消費してしまい、続きが読みたいがために追加でポイントを購入してしまう事もしばしばありました。

だけど2015年に入ってからでしょうか。

あまり読みたいなと思える作品が急激に少なくなってしまいました。
理由はわかりませんが、一種のマンネリというのでしょうか?

なので現在契約している3サイトのコミックサイトを1サイトだけに絞ろうかなと思っています。

毎月読まないのにドンドンとポイントが溜まってしまって消費しきれないからです。
ただ一度購入した作品が退会する事によって読めなくなるのは若干勿体無く感じますが、それでもお金が掛かってしまっているのは勿体無いので仕方のない事だと思って割り切りたいと思います。

ただ1サイトだけ残そうとしているコミックサイトだけは一度購入しておけば会員になっている間は永続的に読み続ける事が出来るので重宝すべきサイトだと思っています。

そもそも何でお金を払って買ったのに期間限定にしているのかが謎ですよね。

コミックサイトの比較をされてしまえば普通に永続的に読めるサイトが残されるに決まっているはずです。

鬼畜すぎる作品

保護者は未成年を保護する義務がある。
それは親です。
ですが最近は親が子を保護することができず悲しい事件が繰り返し起きています。

最近だと中学生殺傷事件、これは未然に防げたと思います。

何故保護する義務がある親が助けてあげなかったのでしょうか?
あざだらけの少年を見た大人はどう思ったのでしょうか?

私は何か力になってあげたいと思った。
ただ私は彼の保護者ではないです。
見ず知らずの他人です。
自分は保護者じゃないから~と言い訳にはなりますが自分に言い聞かせて素通りしてしまうそう考えます。

多分そう考える人は多いのではないでしょうか?
ただ未成年者を保護する義務は成人皆に与えたらどうでしょうか?

例え自分の子でなくてもそうすることで何か力になれるはずです。
保護者じゃないんだから関係ない奴は黙ってろよと怒鳴られなくなります。
そしてこのような悲しい事件は少なからず減ると思います。
ただ助けるというのも勇気が要りますよね。
そしてめんどくさいことやややこしいことに首を突っ込みたくない。
でもその壁を乗り越えてこそ助け合っていく社会が成り立津と思っています。
そうした世の中を作り上げていくことで子もマネし世代へと受け継がれより良い風潮が根付き未成年者の事件は減るのではないでしょうか。
保護者とは未成年者を保護する義務がある。
保護する義務は成人皆に与えられる。
それが保護者です。

今回紹介したいコミックはそんな愛情が全く注がれていなかったからこその出来事です。

主人公が自ら母親に復讐しようと、自分の下半身を使ってお仕置きをするのです。
普通の理性を備えている人であれば母親を犯すなんて考えは持つはずがありません。
別の復讐を考えるはずです。

でもこの子は自らの下半身を使って自分の母親を雌豚にさせるほど調教を行っていくのです。

母親だけではありません。
自分の事を下にみている教師や幼馴染、唯一自分の事をしっかりと接してくれる幼馴染の母親にまで調教をしていきます。

最後はどうなるでしょうか?

AVデビューをさせられたり、何度も中で出されてる為に妊娠している人もいました。

今後はどうなっていくのか見ものですね。

参考サイト:根暗少年の復讐ハーレム調教計画

二重にするために!二重アイプチ初体験エピソード

私が二重になったのは30歳くらいの時ですが、二重になりたいと思っていたのは実は高校時代からでした。
高校を卒業すると短大にいくことになりますが、そこではモテるためにはくっきりした二重が良いと多くの雑誌でも載ってました。

なので雑誌に載ってた「ローヤル美研のローヤル二重」を購入しました。

二重になるかならないか始めて使いました!
すると二重になると、今まで見たことのないようなくっきりした瞼と可愛らしい顔になり我ながら驚きました。

「一重と二重でこんなにも差があるなんて!」

瞼をよく見ると二重になってはいるけど肌色ぽいシャドウみたいでバレたら恥ずかしい感じがしました。
短大に入って、始業式からローヤル二重を使い入学式にいくことにしました。
しかし液が何度も目に入りそうになり苦戦したものです。
すぐに液が乾くこともなく、二重幅がうまく作れないので参ったものです。
でも入学式で二重になり、その後もずっと二重に変身したまま学校に行きました。

すると同じクラスの人に「めっちゃかわいいね!」と言われたり他のクラスの人に「なんて可愛らしい新入生が入ってきたの」と言われたりある意味、勇者になった気分でした。

しかし二重瞼に変身しまくっていると、瞼のハリがなくなり、たるみが出てきました。

そう、二重になりにくくなり大苦戦を強いられました。

絶対二重にするんだという気持ちでしたが、徐々に二重にしてると急に涙が出てきたり目に違和感感じることが多くなりました。
目ぱちこも出来て焦ったこともありました。

しかし、意地でローヤル美研を使いGW前に私のことを可愛らしいしタイプやわと言ってくれてた方に告白しました。
いろいろ事情はありましたが、見事に振られ吹っ切れてそこからローヤル美研を滅多に使わなくなりました。

いまでは特にお薦めだと思うナイトアイボーテ2を使用しています!

俺得修学旅行で見た富士山

俺得修学旅行で富士急ハイランドへ行った時のことです。私の楽しみは、なんといっても絶叫マシーンでした。

私たちの学校は九州の田舎町にあり、一番近い遊園地でも、電車とバスを乗り継いで1時間近く。しかもそこのジェットコースターは、アップダウンの緩やかな子供向けが1基だけ。まあ、古過ぎるという意味ではスリルがあったのですが…。なので、テレビで見たあの絶叫マシーンの数々に乗れると思っただけで、前々からワクワクしていたのです。

そして当日。私と同じく興奮気味のクラスメートたちは、往きのバスの中で眠ることもなく、他愛もないおしゃべりで盛り上がっていました。すると突然「オォー!」と歓声が上がったのです。見ると、窓の外に富士山がそびえているではありませんか。話に夢中だったせいか、曲がりくねった道路で前方が見えていなかったせいか、突如目の前にドンと富士山が現れた感じでした。当然、車内は大騒ぎ。私と隣の席の友人は、「あれ富士山?」、「本物だよね?」などと本気で確認しあったほどです。それは素晴らしい景色でした。

肝心の富士急ハイランドですが、ちょうど雨が降ってきてしまい、ほとんどの絶叫マシーンが運休でした。

ところが、私はがっかりすることもなく、むしろそんなことはどうでもよくなっていました。
そのくらい富士山の衝撃がすごかったのです。肉眼で見る富士山があんなに圧倒的だとは思いもしませんでした。

まさに「日本一の山」です。

世界遺産に登録されたことで、さらに注目されるようになった富士山ですが、テレビなどで目にするたび、あの時の感動を思い出します。あんなに美しい山があるというだけでも、日本に生まれて良かった。いつかは自分の足で登ってみたいです。

参考:ふたりぼっちの放課後えっち | 俺得修学旅行という漫画はエロ過ぎ

電子コミック5つのメリット

電子機器の普及に伴い、増加してきた電子コミックには紙のコミックに比べ、大きく5つのメリットがあります。
1.探しやすい。
大きな書店で出版社別に分けられた棚から作者の五十音順で目的の本を探すというのが従来の方法でした。この場合、もし出版社や作者が分からないと闇雲に棚を巡り目的のコミックを探し出すことになります。しかし、電子コミックでは出版社や作者、タイトル、発売年月、掲載誌、価格など様々なキーワードで検索し、目的のコミックを容易に探すことができます。また、目的のコミックを購入した人が他にも購入したコミックや関連するコミックがシステムで表示されるため、今まで探し出すことのできなかったコミックに出会うこともできます。
2.保管しやすい。
週刊や月刊雑誌、新書版、文庫版、愛蔵版、大判など様々な種類と大きさのコミックが発売されています。お気に入りのコミックを本棚へ収めようとすると、高さが合わなかったり奥行きが合わなかったり、すべて冊数が多過ぎて入らなかったりという経験を誰しもしたことがあるでしょう。引っ越しの際には重たい段ボール箱が数箱に渡るなどという事態を巻き起こします。ですが、電子コミックは自分の端末にデータとしてダウンロードしたり、サーバーに保存されたコミックを閲覧したりするため、保管場所に困ることはまずありません。
3.いつでも手に入る。
大好きな作家の新刊が発売されたけれど近くに書店がなかったり、開店時間に行けなかったり、売り切れだったりという事態も起こりかねません。電子コミックでは何時でもどこにいてもインターネット環境さえあればコミックを入手することがで可能です。
4.どこでも読める。
電車での移動時間や出先での待ち時間など、スキマ時間を活用してコミックを読みたいという人は多いでしょう。しかし、かさばるコミックを何冊も持ち歩くのは大変です。ですが、電子コミックであればガラケーやスマホがあればどこでも読みたいと思った時にすぐ読むことができます。
5.絶版にならない。
最近好きになった作家の過去のコミックも読みたいけれど絶版になっていて手に入らず、古本屋を巡ったり持っている友人を探したりという経験が少なからずあるのではないでしょうか。電子コミックは一度電子化されたら半永久的に保存され、増え続けることはあっても絶版になることはまずありません。
以上のようなメリットから、電子コミックは急速に普及してきました。電子コミックを購入するということは、スマホやPCの中に自分専用の図書館を持つようなものなのです。