まさかの内部アニマル園で小鳥まみれになったときの覚え書き

 何時の間にやら、関東最大級の院内生物園がご近所にオープンしてました。
 ヒヨコやウサギ、モルモットなんかの馴染小生物だけじゃなく、フクロウ、ヘビ、アルパカまで触れちゃう上に、助け犬、助け猫の受け渡しもやる犬喫茶店・猫喫茶店まで併設されているそうです。
 これはもう、いくしか弱いじゃないですか。
 犬猫喫茶店も気になったけれど、初回はひとまず、ふれあい隅っこへ。
 スタート周りに、ちっちゃなお猿くんがいて、著しくちっちゃな紙おむつしてました。本当に「生物園」だ。
 馴染だけど、ふわふわのヒヨコは体温が高くてあったかくて、高い声でピヨピヨ鳴くのが可かわゆい。
 パンダマウスという初めて見分ける小さめのネズミは、ハムスターを飼っていた俺にはたまりません。江戸時代に日本でペットとして飼われてたらしいですが、どうしてその文化途絶えちゃったの!!とご先祖様に意欲でクレームつけながら秘訣に乗せて、あまりの可愛らしさにしばらくその場に釘付けになっていました。(まだスタート周りなのに)
 白い鳩を秘訣や肩に乗せて魔法使いごっこしたり、壁際にフクロウのオブジェが並ん現れるなと思って素通りしようとしたら完全本物のフクロウだったり、大型生物の隅っこでアルパカに感動して要る油断に背後からヤギに裾をもぐもぐ食べられたりしながら店内裏へ進みます。
 最高峰裏には、小鳥の小客間がありました。客間いっぱいにインコ、文鳥などの小鳥が飛び交い、秘訣に看板を乗せて迎えると、秘訣に止まって看板を食べてもらえるんです。中には、頭に立ち寄りに加わる小鳥もいました。
 かわいすぎました。必要この日の頂点はパンダマウスだろうと思ってたのに、さらにのちがいました。秘訣から看板を食べてくれる小鳥くんたちに囲まれる出来事、最高でした。セルノートの最安値はここです。