考えさせられるコミックだ。考察を強くもつようにしてください

考えさせられるアニメは、この世界に数大勢存在します。そのしている時で、ぼくが激しく考えさせられたアニメがあります。それは、手塚治虫先生の悪徳ジャックだ。無ライセンス医でありつつも、オペの上肢はミラクルのような雌捌きで患者を救って赴き、検査コミックのベストとも当てはまるアニメだ。そのしている時でも、きつく考えさせられた話があります。それは、「灰色の館」という作品だ。その話のしている時で、悪徳ジャックは、いらっしゃる言葉を残しています。傷は直すことはやれるが、歪んだ癇までは治せないとだ。その言葉に、ぼくはきつく考えさせられました。直す対応に対しての天井や、本当に行えることとできない対応に対しての徳義心というものが見いだして要る話だ。また、作品だけのことではなく、実質においても通ずるものがあるように窺えるヶ所があります。自分自身が、作品で感じたことが実質でどのように想うかが、よくあります。悪徳ジャックには、そんな作品が多くあり、何都度読み返しても、新奇があります。その新奇があるからこそ、読みごたえもあり、飽きないと思います。高校のときにはじめて読み、学徒でまた、読み、世間人間になってよむとその考え方も異なります。「灰色の館」をこれからも読み続けたいと思います。ビルドマッスルHMBの効果とは?